<   2005年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スペインにいますが・・・

4月9日(土)

今、バレンシアにいます。でも書く事はまた遡って3/26(土)に観に行ったWカップ予選のイングランドvs北アイルランド戦とその次の週にTVで観たvsアゼルバイジャン戦についてちょこっと書きます。
一言で言って今のイングランド代表は強いっす。2戦共に格下の国で、前半こそ相手ディフェンス陣のがんばりと、アン・ラッキーな事が続いて無得点でしたが、終わってみれば結果はそれぞれ4-0と2-0。相手を考えれば順当と言えば順当だけど、ゲーム事態をほぼ完全に支配していたし、どのポジションも穴がない。
まずオーウェン、ルーニーの2トップ。オーウェンは多少波があり、決め手を欠く場面もあったものの、特に北アイルランド戦では十分に役割を果たしてしたと思う。ルーニーの方は2戦共に絶好調。得点こそなかったものの、フィジカルの強さと器用さで決定的な"お膳立て”をしていた。逆に今のイングランドにルーニーがいないとかなり戦力ダウンだな。後半の終わりにJ・デフォーと交代していたけど、やっぱり差がある。デフォーも初めから使われればそれなりの仕事できるんだろうけど・・・
で、MF陣。まず左サイドのJ・コール。一戦目の前半得点できず、嫌なムードだったところを後半始まってすぐに、すぱっと断ち切ったゴールはその後のゴールラッシュに勢いを与えた。翌日の新聞各紙も、懸案だった左サイドに彼が入って活躍したことを褒めちぎっていた。右サイドのベッカム、Gネビルのクロス中心の攻めと違い、ドリブルで切れ込んで自分でゴールも決められるタイプなんで攻撃に幅ができた様な。そのJ・コールと同じチェルシーのランパートも、1戦目の駄目押しゴールといい、2戦目のポストを叩くミドルシュートといい、後ろからどんどんシュート打ってくる。チャンスがあればPA内にも入ってくる。J・テリーも含めリーグの勢いそのままにチェルシー勢の好調はイングランド代表を一気に強化したと思う。そのランパートが前目でプレーする分汚れ役に回っていたのがリヴァプールのジェラード。1戦目はミスパスも多くて評価は今ひとつだったけど、2戦目の、これも前半攻め続けて点の取れないところを技ありのミドルボレーを決めてチームを救った。この二人のセントラルMFはクラブチームで攻撃の基点なる選手で、攻撃に関しては申し分ないし、このレベルの国相手には一人がバランスとってれば十分だけど、もっと前線にタレントのいる国相手だと、ディフェンスはちょっと脆いかも・・・
で、主将交代論も持ち上がっていたベッカム。俺は特にベッカム好きでもないし、彼を
擁護するつもりはないけど、この2戦を観てエリクソンがWカップまで主将はベッカムと言い切るのがわかるような気がする。ボールをよく追っていたし、キャプテンシーがありチームの士気を高めていた。これは賛否両論、特にマンチェスター・U時代のベッカムのプレーを好む人にはよく批判されるけど、俺はベッカムがレアルでボランチをこなしているのは彼にプレーの幅を与えたと思う。アゼルバイジャン戦で右サイドのゴールライン際で相手ディフェンダーと競り合い、粘ってクロスを入れたシーンは、ボランチでボールを奪う役目をやっているからあそこまで執拗にボールを追えるようになったんだと思う。
で、ディフェンダー。まずG・ネビル。今までいっぱいマン・Uの試合とか観てきて、ホントはずかしいんだけど、地味な選手でこんなにいい選手だとは思いませんでした。今回の北アイルランド戦を観戦した席が、ピッチの近くだったので、彼のキックの多彩さがよくわかりました。キックの制度もベッカムに遜色ないのでは・・・だからイングランドの右サイドにはベッカムが二人いるような感じ。これも失礼な言い回しだけど・・・ともかくベッカムと入れ替わってクロス。ベッカムから下げてクロス。と、右はクロス入れまくり。まあ、相手が相手だったけど、右からの攻撃は徹底してクロス中心。

あー、これからマドリッド(クラシコです!)に行かなきゃ行けないので、時間無いんでまたロンドン帰ったら続き書きます。

エリクソンさん。今、グループ首位だし、結構人気ありましたよ!↓
b0067244_5425471.jpg


北アイルランド戦の先制点はJ・コールらしかったね!↓
b0067244_5372221.jpg

[PR]
by manabuuu70 | 2005-04-09 22:23

思わぬ大敗・・・

4月1日(金)

またまたご無沙汰になってしまいました。この間色々ありましたんで、簡単に書きます。
まずチャールトン。19(土)はウエスト・ブロウィッチ・アルビオン(以下WBA)とホーム対戦して結果はなんと1-4の大敗。前半9分にWBAのホルスフィールドにゴールを決められ。その後前半28分にCBエル・カルクリが不可解な判定で一発レッドで退場。あれはイエローでしょ!その後チャールトンもJ・ヨハンソンのゴールで1-1に追い付くものの。後半から出てきたWBAのエンショウに73、84分とた立て続けにゴール決められ。この時点であまりに観ているのが痛かったんで、俺はスタジアム出たんだけど、どうもこの後にエンショウはPKを決めたらしく、何と後半だけでハットトリック。つーわけで1-4・・・
このエンショウって言う選手前にvsボルトン戦のダイジェスト観たときに、ちょっと気になってたんだけど、まさかチャールトン戦で、しかもSUBでこんなに活躍してくれるとは・・・顔はUGLYですが、プレーは俺好みですな。
この日は気候も暖かく気持ち良くスタジアムに行って、格下相手のホームの試合を楽しむつもりだったけど、思わぬ大敗に落胆して帰りました。でも不思議なことにまだなぜか7位に居るのよね?他のチームも何やってんだか?
あー、突然ですがこれから一週間スペイン・イタリア行ってきます。
[PR]
by manabuuu70 | 2005-04-01 22:25